変わりゆくお寺の周りの環境

昨日12月19日、本山 妙傳寺七面大明神の例祭がありました。

今年最後の納めご縁日。

檀信徒の皆様と一緒に、一心にお祈りいたしました(。-人-。)

その後、京都日蓮宗青年会12月例会に出席。

各担当の活動報告と、結成50周年事業を中心に話し合いました。
d0214907_9221531.jpg

その中での話ですが、最近お寺の周りの環境も変わってきたなと感じました。

それは、近隣の住民との関係でもあります。

たとえば、お寺は毎朝、朝勤(ちょうごん)といって、本堂で朝のお勤め(お経をよんで回向)をします。

お寺によっても違いますが、おおむね早い時間です034.gif

これは、お寺が建立されたときから続く宗教活動でもあり、伝統でもあります。

何百年も続けられてきたもの。

ところが最近、その朝勤に対して近隣住民から

「朝からうるさい!」

との抗議を受けると、しばしば聞いたことがあります。
(ちなみに護国寺でも、以前は6時から勤めていましたが、指摘を受け7時からになっています)

たしかに日蓮宗では大太鼓を打ったり、音の響く木柾(もくしょう)を叩きます。
d0214907_9355882.jpg

d0214907_9355667.jpg

町中のお寺は、すぐ隣が一般の住宅ということが多く、

その音は少なからず、外へも伝わります。

社会環境も変化し、夜遅く働いて、朝から寝始める方もおられることでしょう。

そのような方にとっては、安眠を妨げる騒音としか聞こえないことも重々理解できます。

その反面、宗教教育を受けていない日本人は、

宗教活動を理解できず、快く思わない人たちが増えてきているのも背景にあります。

いずれにしろ、地域に迷惑がかかる、

もっというなれば、近隣住民から嫌われるお寺であってはいけない・・・。

しかしながら何百年も続く伝統であり、宗教活動を、

抗議をうけたからといって中止してしまうのもおかしい話。

ここら辺の線引きが本当に難しいなと思いました。

未だに自分自身の中で、答えが出ません( ̄へ ̄|||) ウーム

なにか良い意見があれば、お教え頂きたいですm(_ _)m

              日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 日蓮宗へ gokokuji5594をフォローしましょう
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2011-12-20 10:13 | 日記

護国寺の行事案内・日蓮宗の動向・日々の活動を綴ってます!


by 山科 護国寺

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

護国寺HP

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

カテゴリ

全体
護国寺行事
日蓮宗行事
京都日蓮宗行事
京日青行事
コラム
日記
自己紹介
未分類

記事ランキング

外部リンク

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ

(75)
(42)
(40)
(29)
(25)
(23)
(19)
(18)
(16)
(16)
(13)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)

ファン

その他のジャンル

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧