<   2013年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

平成25年度 初甲子でした♪

二月は逃げる・・・。

気付けば二月最終日ですε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

月末も、色々なことがありました。

布教師会新年会、そして松ヶ崎大黒天の甲子祭

昨日は、今年初めての初甲子(はつきのえね)でした034.gif
d0214907_11413874.jpg

多くの参拝者がお越しになられました(。-人-。)

京都の松ヶ崎にある妙円寺は、松ヶ崎大黒天として有名で、

大黒天は伝教大師作、日蓮大聖人開眼というビックリするような由縁w( ̄△ ̄;)wおおっ!

また京都の夏の風物詩、「五山の送り火」のひとつ、「法」の字のお寺でもあります034.gif

ちなみに、日本最古の七福神巡りの霊場のひとつとしても有名(゚ー゚)(。_。)ウンウン

市バス「大黒天停」下車
京都市左京区松ヶ崎東町31

d0214907_1147287.jpg

次の甲子祭は、4月28日(です。

松ヶ崎大黒天の詳細は、Hokke.TV『シャカリキ・ドン』をご覧下さ~い060.gif

              日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 日蓮宗へ gokokuji5594をフォローしましょう
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2013-02-28 11:54 | 日記

名刹・宝塔寺で部経会

昨日2月25日、京都日蓮宗青年会主催の部経会がありました(。-人-。)

今回の会場は、宝塔寺さま072.gif

宝塔寺は、帝都弘通の大導師 龍華樹院日像上人の御開山で、

その歴史は古く、平安時代に建立された極楽寺が前身です。
d0214907_644579.jpg

多くの堂宇は、重要文化財に指定され、本堂は江戸初期の慶長13年(1608)の建立034.gif
d0214907_64467.jpg

多宝塔は永享10年(1438)以前に建立され市内に現存する市内最古だそうです。
d0214907_644696.jpg

さて部経会(ぶきょうえ)というのは、法華経を読誦(どくじゅ)する法要のことを言いますが、

法華経は一部八巻といいまして、どんなに早く読誦しても一日はかかります。

諸経の王様と称される法華経を一心に、

専念して読誦できる悦びを味わうことができました060.gif

昨日の凍てつく寒さも、法悦によって、心は温かな一日でした\(^▽^)/

              日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 日蓮宗へ gokokuji5594をフォローしましょう
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2013-02-26 06:56 | 京日青行事

なぜお寺に若者は来ないのか?

お寺に行くのは、お爺ちゃん、お婆ちゃんの仕事になっていませんか?

お寺の色々な行事をのぞいてみると、

やはり若者の姿はあまりない現状がそこにあります( ̄へ ̄|||) ウーム

その理由とは何なのか??

と、いうことで、Hokke.TV『上田尚史のシャカリキドン』では、

「なぜお寺に若者は来ないのか?」

というテーマのもとお届けします060.gif
d0214907_6414752.jpg

15分番組ですが、是非ご覧下さい\(^▽^)/
http://youtu.be/38SYLcI7Efg


              日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 日蓮宗へ gokokuji5594をフォローしましょう
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2013-02-25 06:51 | コラム

一日に二つの本山へ!

本日2月23日、本山 立本寺大国祷会が執り行われました!

この大国祷会は、毎年、京都の日蓮宗あげての開催です034.gif

はじめに壱百日の大荒行を成満(じょうまん)なされた行僧上人が水行をされ、

身を浄められるのですが、始まる前から多くの人で埋め尽くされましたw( ̄△ ̄;)wおおっ!
d0214907_21444780.jpg

今日は、ことのほか寒い一日で、行僧上人の水行に、多くの人が思わず合掌(。-人-。)
d0214907_2144487.jpg

その後、本堂内で大国祷会を厳修。

また、東日本大震災の第三回忌の回向も合わせて執り行いました。

法要後は、京都一部布教師会の会長・大西上人による法話072.gif
d0214907_21444821.jpg

法話終了後は、引き続き特別加持祈祷!!
d0214907_21444745.jpg

(画像はHokke.TVより拝借♪)

今日は本当に寒かった(((p(>o<)q)))!!

立本寺の本堂は、京都市の文化財に指定されており、火気厳禁のため暖房はありません・・・。

まさに極寒の中、数時間も法要が執り行われました。

僧侶は良いとして、檀信徒の皆様のことを思うと、お体のことが心配になります042.gif

でも、誰一人文句を言わず、一心に僧俗共に祈りを捧げます(。-人-。)

ここに信仰の美しい姿を垣間見ることができました060.gif

国祷会とは→コチラ

私は国祷会終了後、すぐに移動し、本山 本法寺へε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ ふははは

それは八本山会へ出席する為ヽ(ヽ>ω<)!!

私が執事を務めている、本山 妙傳寺の貫首様の代理です。

八本山会とは→コチラ
d0214907_21445669.jpg

(画像は本法寺の多宝塔)
伝統ある八本山会、貫首様達に囲まれ、

とても恐縮した一日の最後を締めくくらせて頂きました。

今日も一日、お疲れ様でした~ヾ( ´ー`)ノ

              日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 日蓮宗へ gokokuji5594をフォローしましょう
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2013-02-23 22:31 | 京日青行事

廃仏毀釈と、日本人の宗教心のなさ

昨日、天理市に所用があり、数年ぶりに奈良県に行きました034.gif

帰りしなに、せっかくなので寺院参拝もして参りました060.gif

まずは興福寺

国宝の東金堂(とうこんどう)
d0214907_828298.jpg

同じく国宝の五重塔
d0214907_8283370.jpg

重要文化財の南円堂
d0214907_8283489.jpg

興福寺を参拝させて頂いた感想は、宗教施設という感じがまったくないこと!

それもあってか、お堂の前で手を合わせている人を見ませんでした・・・。

現在、この周辺の奈良公園一帯は、かつて興福寺の境内だったそうです。

それが明治時代の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって、興福寺は徹底的に破壊されました。
(春日大社と神仏習合していたことが大きな理由らしい)

国宝の五重塔が18円~250円で売りに出された話しはあまりに有名( ̄□ ̄;)!!

一度失った物は、戻すことは並大抵ではありません・・・。

興福寺の場合は、寺院として、宗教施設として、

一番大事な信仰というものさえも失ってしまったのではないでしょうか。

まるで公園の一角という雰囲気はぬぐえません。

現在、興福寺は復興事業が進められ、中金堂や回廊を再建中です。

再建は平成30年(2018)とのこと。ちなみに復興事業費は60億ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!
d0214907_8283683.jpg

さて次ぎに向かったのは、大仏で有名な東大寺

鹿の大群に囲まれながら参道を進みますε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

見えてきたのは、国宝の南大門(なんだいもん)

なんとも壮大で巨大な門ですw( ̄△ ̄;)w!

正治元年(1199)の再建で、門の高さは基壇上25.46mもあるそう。
d0214907_8522338.jpg

そして感動というか、魅入られたのが、南大門に安置されている仁王像です!

あまりに巨大!!
d0214907_8542797.jpg

d0214907_8542336.jpg

しばらく我を忘れてしまいました。

そしていよいよ大仏殿に到着!

言うまでもなく世界最大級の木造建築物で、高さ46.8メートル!

江戸時代の宝永6年(1709年)再建です034.gif
d0214907_8565762.jpg

巨大な大仏殿を前にして、西洋に劣らない文化を古くから有していたんだなと、

造り上げた日本の先師に畏敬の念さえ持ちました。

この大仏殿で感じたのが、外国の方の信仰深さ

日本人の参拝者は、手を合わせずに堂内に入り、その後もそのまま行かれるのですが、

外国の方は、静かに手を合わせ、しばらくそのまま動ぜず、

一心に祈念をされてから静々と堂内に入られてました( -人-)

先程、日本人の先師に感銘を受けたばかりですが、

すぐに今の日本人はダメだな・・・。と我に返りました。

どんなに技術大国と言われていても、精神文化が後退しておりますな・・・。

ここで一句。
昔信仰 今観光 同じこうでも こう違う

信仰の参拝者ではなく、観光客となってしまった日本人。

奈良の二大寺院を参拝させて頂き、日本の宗教心を愁(うれ)いてしまった一日でした。

              日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 日蓮宗へ gokokuji5594をフォローしましょう
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2013-02-21 09:19 | 日記

本山妙傳寺2月 七面大明神例祭

毎月19日といえば、七面大明神さまのご縁日034.gif

本山 妙傳寺
では、毎月19日の14時から七面大明神の例祭を執り行っています!
d0214907_19564655.jpg

この例祭は誰でもご参加できますので、

どうぞ多くの皆様のご参拝を心よりお待ち申し上げています(。-人-。)

来月の3月19日は、日蓮宗大荒行堂を今月10日に無事に成満(じょうまん)

なされた行僧上人(ぎょうそうしょうにん)がお越しになられますw( ̄△ ̄;)wおおっ!

またとない機会ですので、ご祈祷をお受けになられますことをお勧めいたします060.gif

■記■
3月19日(火)
14時~15時
本山妙傳寺(左京区東大路二条下ル北門前481 )
玄関からお入り頂き、受付をおすまし下さいm(_ _)m

d0214907_1959488.jpg

              日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 日蓮宗へ gokokuji5594をフォローしましょう
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2013-02-20 20:12 | 京都日蓮宗行事

大覚大僧正650遠忌が迫る!

日蓮宗の偉大な先師のひとりで、

時の天皇陛下から『大僧正』の位を任ぜられた僧侶がいます034.gif

その方は、大覚大僧正(だいかくだいそうじょう)と尊称された妙実上人です。

その功績は、あまりにも多く、畿南、中国、関東と布教をされ、

大覚大僧正が開山されたお寺も少なくありません。
d0214907_9425100.jpg

(画像は大本山 妙顕寺の大本堂内陣 ここに大覚大僧正のご尊像が祀られています)

延文三年(1358)には、京の都を悩ませていた干魃(かんばつ)を

法華経・お題目の祈雨によって慈雨を降り注がせ、

この功績によって、日蓮大聖人に大菩薩号を、

日朗聖人・日像聖人に菩薩号を授け、

妙実上人も大僧正の位に叙されたほどw( ̄△ ̄;)wおおっ!

その大覚大僧正の650遠忌が今年迎えるのです( ̄□ ̄;)!!

京都でも大覚大僧正に深いご縁がある、三つの本山で遠忌法要が執り行われます034.gif

昨日はそのうちのひとつ、大本山 妙顕寺で法要の習礼(しゅらい)がありました。
(習礼とは、法要に向けての練習、打ち合わせのことです。)

大本山 妙顕寺の法要は、4月3日に厳修されます。
d0214907_9382447.jpg

昨日は大雨が降っていましたが、雨に滴る『光琳曲水の庭』も素敵です♪

ちなみに、私が一番好きなのは、『孟宗竹林の坪庭』です060.gif
d0214907_9382362.jpg

これから春に向け、京都の日蓮宗は大忙しですねε=ε=ε=ε=┏( ̄▽ ̄)┛ ふははは

              日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 日蓮宗へ gokokuji5594をフォローしましょう
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2013-02-19 09:54 | 京都日蓮宗行事

ご降誕の日に法華経の金言を偲ぶ

今から791年前の、承応元年2月16日、

現在の千葉県は小湊という地で、日蓮大聖人ご誕生なされました060.gif

その時、家の庭先から清水が湧き出し、季節外れの蓮華の花が咲き誇り

さらに家の前の海では、鯛が無数に群れ集まったそうです∑( ̄Д ̄;)なんとっ!!

今でも、小湊の海は鯛ノ浦と言って、鯛が群れで泳いでおり、

深海の海に泳ぐ鯛がいることは科学的にも解明されておらず、

国の天然記念物に指定されています034.gif
d0214907_16421016.jpg

この日蓮門下にとって聖日な2月16日に、

毎年、京都日蓮聖人門下連合会主催の

日蓮大聖人御降誕会が執り行われます(。-人-。)

今年の会場は大本山 本圀寺さま!

この京都日蓮聖人門下連合会とは、日蓮宗、法華宗各派合同の連合体で、

日蓮宗・法華宗本門流・顕本法華宗・法華宗陣門流・法華宗真門流
・日蓮本宗・本門法華宗・本門仏立宗・国柱会・日本山妙法寺


が所属しています。
d0214907_1714168.jpg

お釈迦さまは、インドの霊鷲山で8年間にわたり法華経を説かれました!

この法華経にはふたつの意味合いがあります。

ひとつは、インドに降誕されたお釈迦さまが、当時の人々を救済された。

そしてもう一つが、仏さまが亡くなられたあとの救済です( ̄□ ̄;)!!

滅後の救済のためには、弟子を育てて付嘱(ふぞく)をし、

その弟子が仏の使いとして救済をしていく事となります!

では、一体何を付嘱されたのか?

それは南無妙法蓮華経のお題目。

法華経の中では、たくさんの菩薩が私こそが、その任に当たらせて下さいと名乗りをあげます!

しかしお釈迦さまは、「止(や)みね善男子(ぜんなんし)」と言われ、

地より涌きだした、上行菩薩(じょうぎょうぼさつ)をはじめとする、

地涌の菩薩に、滅後の救済を付嘱されたのです。

この事は、末法にある方が出現された事から、

お釈迦さまの言葉は金言(きんげん)として

嘘偽りのないものとして実証されていくことになりますw( ̄△ ̄;)wおおっ!

その方こそが、上行菩薩のご再誕といわれる日蓮大聖人です。
d0214907_17331319.jpg

大聖人は、お釈迦さまが末法に遣わした仏使(ぶっし)としての自覚を深め、

そのご生涯を、お題目の流布に全てを注がれます。

お釈迦様は、法華経の中で、
我滅度後 後五百歳中 広宣流布 於閻浮提 無令断絶
(我が滅度の後、後の五百歳 の中に、閻浮提に広宣流布して、断絶せしむること無けん)

私(お釈迦様)が亡くなって、末法の世の中になっても、この法華経・お題目を広く世の中に弘めて、
断絶させることはしてはいけません!

と何度も仏弟子らに遺言されます( ̄□ ̄)!!

このお釈迦様の教えが隠れてしまうと言われる、末法の世に遺言通り、

法華経・お題目の教えを廣宣流布なされたのが、いうまでもなく日蓮大聖人です!

ですから、この2月16日というのは私達にとってとても大きな意味合いを持ちます!!

本日の2月16日に日蓮宗・法華宗の僧侶・檀信徒が集まりまして、

一同に慶讃(けいさん)の微衷をあらわしたことは本当に大事なことですね♪
d0214907_20203882.jpg

(画像はHokke.TVさまから拝借)

一心に祈念し奉る

立正の大教閻浮に洽ねく 
安国の祖猷速やかに現在前に法光三千に輝きて
広布の大願成就せんことを

南無妙法蓮華経!

              日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 日蓮宗へ gokokuji5594をフォローしましょう
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2013-02-16 20:23 | 京都日蓮宗行事

釈尊涅槃会の日に、本願であり遺言を修す

本日2月15日は、お釈迦さまがお亡くなりになられた日034.gif

この日を釈尊涅槃会(しゃくそん ねはんえ)とも言います。

お釈迦様は涅槃に際し、お弟子の方々に遺言をされました。

それは・・・

「自灯明・法灯明」(じとうみょう・ほうとうみょう)だと言われています。
他人を頼りにするのではなく、自ら立って歩みなさい!
そして何よりも法を拠り所としなさい!

という意味です。

そして最後に「怠らず励みなさい!」と言い残し、涅槃に入られたと伝わっています。
d0214907_1731965.jpg

そのお釈迦様が亡くなられた日に、毎年、京都の松ヶ崎大黒天(妙圓寺)では

国祷会
(こくとうえ)が執り行われます!

今年も、壱百日の大荒行を出られた行僧上人(ぎょうそうしょうにん)をお招きして、

祈りが捧げられました(。-人-。)

国祷会とは、国を祈る法要という意味になります034.gif

お釈迦様がそのご生涯で、一番説きたかったのは「法華経」だと言われています。

ゆえに、出世の本懐のお経とも言います。(法華経を説く為に、この世にお出ましになった)

その法華経の中で、お釈迦様が「我此土安穏 天人常充満(如来寿量品第十六)」

お説きになられますw( ̄△ ̄;)wおおっ!
d0214907_1943337.jpg

つまりは、国土世間そのものを成仏させることこそが、お釈迦様の本願でもあります。

私たちが穏やかに住む条件は、天災や、人災がないことが最重要です。

そのような世界にしてこそ、個人の幸福はあり得ます。

これこそが、お釈迦様が説かれた如来寿量品第十六の経文

「我此土安穏 天人常充満」
そのものであります!

この国土が安穏だからこそ、天人や人間が栄え、充満するということ。

だとすれば、個人一人一人を教化して国をよくしていくよりも、

もっと先んじて、していかなければならないことは、

国土の成仏を優先していかなければならない。

つまり法華経という正法をたてて、国を安んじていくことで、

国土は安穏にして、天下は泰平となり、

天災や人災、戦争がおこらない世界となっていくのです。
d0214907_19433552.jpg

その為には、この世を嫌い、違う浄土を求めて離れて現実逃避することではなく、

前向きに、この世そのものを浄土へと変えていかなければなりません。
(娑婆即寂光土)

まさにこれは、日蓮大聖人が『立正安国論』

~先ず国家を祈りて、すべからく仏法を立つべし~

と、お述べになられているように、

国土世間というのは、正しい法によって栄え、その法は人によって貴ばれるものです。

その国が滅んで、人がいなくなってしまえば、

一体誰が全ての人を救ってくれる法を崇め、信じるのでしょうか・・・。

だからこそ、一身の安らかであることを願うならば、

まず何をおいても世の中が穏やかになることを祈らなければなりません。

これこそが、国祷会の法要を執り行う大事な意味です034.gif

かつて宮沢賢治は、このことを

世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない。


と主張しました。

お釈迦さまが涅槃に入られた聖日に、

そのお釈迦様の本願である皆が苦を離れ、幸せになるように(成仏)

一心に国(世界)を祈った国祷会でありました!

              日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 日蓮宗へ gokokuji5594をフォローしましょう
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2013-02-15 20:10 | 京都日蓮宗行事

『お坊さんのための仏教入門』を読む!

先日、本屋さんに行ったとき思わず手に取った本があります034.gif

それは・・・

お坊さんのための
「仏教入門」
d0214907_20195489.jpg

正木晃先生の新刊です034.gif

正木先生は、日蓮宗でもよく講演をして頂いており、的確な指摘に、

私はすっかり隠れファンです(^_^)v053.gif

さて内容ですが、久々に赤線のチェックだらけになりましたw( ̄△ ̄;)wおおっ!

さすがお坊さんのための仏教入門(*`◇´*)/

私が興味のある内容ばかりでした( ̄ー ̄)ニヤリッ

今から紹介するのは、私がおぉっ!と思った事だけを書きたいと思います・・・。

例えば昨今、よく日本仏教批判で使われるのが、

「お釈迦さまは、仏弟子に葬儀に関わるなと遺言した」

という言葉ですが、どうも真相はそうではなく、十大弟子のひとり大迦葉は、

葬儀委員長の役目として葬儀に関わっていたw( ̄Д ̄;)wワオッ!!
(ただし出家者に限る)

日本人にとって最近イメージが良い上座部仏教(スリランカやタイ)も積極的に

葬儀に関わっている事実!日本だけでは無いと言うこと・・・。
d0214907_20371087.jpg

原始仏典の『大パリニッバーナ経』には、お釈迦様自身が遺骨を残せと遺言したり、

同じく十大弟子のひとり舎利弗の遺骨を手にとって偲んだり・・・

お墓の起源も釈尊の遺言だったりします∑( ̄Д ̄;)なんとっ!!

更には!

お釈迦様が霊魂の存在を認めていたと言うこと!!

これは原始仏典の『サンユッタ・ニカーヤの第一集の第4遍から終編』で出てくるのですが、

霊魂のみならず悪魔の存在まで公言していますヽ(´o`;
d0214907_20514088.jpg

そしてこの本の大事なところは、今の日本の仏教をどうとらえるか!?

というところです034.gif

批判的な意見が多い中、この辺りを分かりやすく、納得できるように書かれています。

つまりは、上座部仏教では世界宗教には成り得なかった!

大乗仏教(日本)だからこそ世界に通ずる仏教になったということです。

仏教発祥のインドから一番遠く離れたところに伝わった日本には、

本家本元のインドよりも勝れた点が多々あるという事実です( ̄□ ̄;)!!
d0214907_20574839.jpg

では、それをふまえて、今後の日本仏教は、

僧侶はどうすれば良いかと言うことも、提言されています。

僧侶の品格、お寺の公益性、脳死の問題、

宗教法人法改正の問題、子育ての仏教的な関わり・・・

と、緊急な課題が盛りだくさん!

お坊さんのための本と、タイトルはなっていますが、

一般の方が読まれても目から鱗の本です034.gif

とっても勉強になった一冊でした♪

皆様も是非お読み下さい!おすすめの本ですよ001.gif

              日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 日蓮宗へ gokokuji5594をフォローしましょう
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2013-02-14 21:08 | コラム

護国寺の行事案内・日蓮宗の動向・日々の活動を綴ってます!


by 山科 護国寺

プロフィールを見る
画像一覧

護国寺HP

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

カテゴリ

全体
護国寺行事
日蓮宗行事
京都日蓮宗行事
京日青行事
コラム
日記
自己紹介
未分類

記事ランキング

外部リンク

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ

(75)
(42)
(40)
(29)
(25)
(23)
(19)
(18)
(16)
(16)
(13)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)

ファン

その他のジャンル

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧