<   2011年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

山口巡回布教①

4月25日~30日にかけて、山口県の巡回布教に行って参りました!

今回は全行程、車での移動です049.gif

ということで、京都から車を運転して行きました(^_^)v

距離がありますので、休憩をとりながらの移動です。

しかし…

山口県は遠い(;´Д`)

到着した時は、ちょっとした感動でした♪

さて、最初のお寺は美祢市の経王寺さま!
d0214907_634986.jpg

なんと、ご住職から文鎮と風鎮を頂きました。

現在、書道を習っておりますので、ありがたく使用させて頂きますm(_ _)m

次は、長門市三隅の了性院さまの立教開宗会の前夜祭です。
d0214907_6341141.jpg

夜遅くからのお説教にもかかわらず、多くの檀信徒がご聴聞して下さいました。

了性院さまでは、引き続き次の日、立教開宗会当日も登高座!
d0214907_6341313.jpg

印象だったのは、檀信徒の皆様が大変篤信で団扇太鼓がお上手だったことです。

本当に信仰心篤い、熱心な檀信徒の皆様に、目頭が熱くなりました007.gif

最後は下関の蓮成寺さま。
d0214907_634365.jpg

ここでも、多くの檀信徒の皆様に迎えて頂きました(*^_^*)

檀信徒の婦人部がお作りになられた「お斎〈食事〉」が大変おいしかったです(≧∇≦)

思わず、おかわりをお願いしそうになりました( ゚д゚)モウイッパイ!

以上、山口県巡回布教で登高座したご寺院さまのご報告でした( -人-)

今回の巡回布教では、期間中「立教開宗」(りっきょうかいしゅう)の4月28日を挟むこともあり、

日蓮大聖人に対し御報恩(ごほうおん)の一分(いちぶん)を申し上げました!

また、4月28日は東日本大震災で犠牲になられた方の

四十九日忌でもあります。

皆が祈りを捧げることも、被災地復興の取り組みの一つになると信じ、お説法の中にも、

このことを付け加えてお話し、檀信徒と共に祈りを捧げ、被災地の復興と、犠牲者の菩提を弔いました。

明日へと続く・・・

          日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2011-04-30 07:14 | 日蓮宗行事

護国寺青年部 廣宣流布会 結成!!

本日4月23日は護国寺にとって、新たなるステップを踏み出した日となりました!

それは、護国寺青年部の正式な結成です\(@^0^@)/やったぁ♪

現在日本では、日本人の宗教離れ・信仰心の欠如が著しく、

特に若者の寺離れが拍車をかけています。

無縁社会と呼ばれる今、少しでもそれをくい止めたいと思っていました。

それを、私の友人に打ち明けた所・・・

思いがけぬ賛同を得て、

本日、なんと8名もの方が結成メンバーに加わってくださいました(T_T)

会則や、これからの運営、そして活動内容を真剣に話し合い、

青年部の正式名称が決定しました!

護国寺青年部 廣宣流布会!(こうせんるふかい)
略して、廣布会(こうふかい)となりました♪
d0214907_23563919.jpg

廣宣流布(こうせんるふ)とは、正しい教えが広まるという意味があります!

ご縁を大事にし、より良い楽しい人生を送ることを主たる目的としていきます!

活動内容は、月に一回、護国寺にあつまり信行会(しんぎょうかい)を行う。

信行会では、仏教のこと・宗教のことを一緒に学んでいきます。

そして、各種レクレーションを開催し、会員同士の楽しい交流を促します。

更には、年に一回、団体参拝を行い、信仰を深めて参ります( -人-)

さっそく、来月の5月21日~22日に日蓮宗の総本山である身延山久遠寺

結成報告団体参拝を行うこととなりました!

この廣布会は、未来の希望であり、礎であり、宝であります。

それぞれが、自分を取り巻くご縁を大事にし、そのご縁を感じ、

より良い人生を送っていき、それを周りの人へ広めていけるよう会員一同精進して参ります!
d0214907_23564382.jpg

追伸。
廣布会への入会を募集しています049.gif
詳細は護国寺HPをご覧下さい♪

          日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2011-04-24 00:27 | 護国寺行事

一年で一番長い会議・・・

昨日4月22日、京都日蓮宗青年会総会準備会がありました034.gif

平成23年度の事業や、活動を話し合う会議です。

実は、この会議が一年で一番長い( ̄□ ̄;)!!

私が京都日蓮宗青年会に入会した当時は、会議が終わると日が変わっていて、

午前2頃になるというのもよくありました((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

19時から始まった会議は、みんなで意見を出し合い、今年度の骨組みができあがりました!

無事終了し、時計を見ると・・・

午前0時ピッタシ♪

おぉ!早いやんヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい

今年も、京都日蓮宗青年会は行学二道をはじめ、教化活動も活発に行う一年になりそうです!
d0214907_8554172.jpg

今年度が終わる頃には、このファイルも資料でパンパンになることでしょう・・・。




          日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2011-04-23 09:00 | 京日青行事

4月28日鐘楼堂を開放「祈りと希望の鐘」

来る四月二十八日は、日蓮宗の聖日「立教開宗会」です!
d0214907_9523763.jpg

日蓮大聖人が現在の千葉県、清澄寺(せいちょうじ)の旭ヶ森にのぼられ、

南無妙法蓮華経とお題目をお唱えになられたのが、4月28日だと伝えられています。

この日に合わし、日蓮宗の各寺院では、法要や行事が執り行われます。

京都日蓮宗でもこの日は、比叡山にある横川 定光院に於いて「立教開宗会」の法要が厳修されます。

護国寺の住職(私のお師匠様)も、この法要に参列されます。

さて、ここから本題です!

今年の4月28日は、もうひとつの大きな意味合いを持ちます。

それは、3月11日に起こった東日本大震災で犠牲になられた方の「四十九日忌」にあたります。

四十九日とは、亡くなった方がこの世から離れ、仏さまの元へ旅立たれる日の事です。

そこで、日蓮宗でもこの日に合わせ、「四十九日忌御回向」を捧げるようにとお達しがありました。

全国日蓮宗青年会でも同様の依頼が来ております。

更には、全日本仏教会からは、「祈りと希望の鐘」四十九日法要の呼びかけがあります。

護国寺としても、追悼御回向を申し上げるのはもちろんですが、

鐘楼堂を開放し、多くの皆様に「祈りと希望の鐘」を撞いて頂けるようにご案内致します!

掲示板にも告知・ご案内しました。
d0214907_10591992.jpg

d0214907_10592144.jpg

願わくば この功徳をもって あまねく一切に及ぼし
      我等と衆生と皆ともに 仏道を成ぜんことを
南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

          日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2011-04-22 11:07 | 護国寺行事

「紹継塾」なぜ、宗教が必要なのか(倫理・道徳との相違)

本日、本山 本満寺「紹継塾」(しょうけいじゅく)がありました034.gif
d0214907_2012574.jpg

本山 本満寺は、京都日蓮宗八本山のひとつで、正式名称は廣宣流布山 本願満足寺といいます。

本満寺貫首の伊丹猊下が、山号と寺号の通り、法華経・お題目の教えが廣宣流布(広がりますように)するようにと発願され、本日開講の日を迎えました♪

「紹継塾」とは、日蓮聖人が書き残されたご文章『聖人知三世事』の中の、「日蓮はこれ法華経の行者なり。不軽の跡を紹継するの故に」から命名されたそうです!
d0214907_2012310.jpg

講師は大阪府池田市の本養寺住職、難波宏正先生です。

年10回の講義で、今日が第一回目の講義!講題は・・・

なぜ、宗教が必要なのか(倫理・道徳との相違)です!

非常に興味をそそりませんか?

私は受講する前から、楽しみで興奮しておりました(;´Д`)ハァハァフンフンソウソウ

いざ、講義を受けますと・・・
d0214907_201278.jpg

本師釈尊の本願、日蓮大聖人の仏法を懇切丁寧にご教授頂き、

倫理道徳ではカバーできない、宗教の必要性が痛く心に染み入りました!

法を聞いて喜ぶことを、法悦(ほうえつ)と言いますが、まさにこの言葉に尽きます!

今後、この学んだことを布教に役立て、

このブログでも、コラムとして取り上げて説明して参りたいと思います(^_^)v


          日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2011-04-21 20:33 | 京都日蓮宗行事

京都日蓮宗 本山 妙傳寺

本日4月19日、本山 妙傳寺七面大明神例祭がありました!

19日は、七面大明神(七面天女とも言います。)のご縁日です034.gif

毎月この日に、妙傳寺では加持祈祷が行われております。

そこで今日は、この妙傳寺のご紹介をしたいと思います。

本山 妙傳寺は、京都日蓮宗八本山のひとつで、

文明九年(1477)に円教院日意聖人によって開創されました。

京都の寺院は戦乱や大火事、時の権力者の命令等で、寺地が度々変遷しております。

妙傳寺も開創から四度も寺地が変わっており、現在の地に落ち着いたのは、

宝永五年(1708)に起こった、宝永の大火の後です。

現在の本堂は、第三十五世・了遠院日勤上人によって、宝暦十四年(1764)に建立されました。
d0214907_16272265.jpg

大変立派な大きな本堂です!
d0214907_162725100.jpg

正門も立派(^_^)v
d0214907_16272057.jpg

さて妙傳寺は、「西身延」と呼ばれております。

それは、日蓮大聖人の御真骨を奉安し、身延七面山に勧請されている

「七面大明神」と同木同体の御神体を勧請されているからです。

昔は車なんてものはありませんでしたから、身延まで参拝するのは大変でした(;´Д`)

そこで、関西以西の檀信徒のために建立されたのが西身延・本山 妙傳寺です!

この妙傳寺を参拝すると、身延に参拝した時と同じ功徳が得られるということなので、

多くの参拝者で賑わったのです♪

次の写真は西身延たる由縁の「御真骨堂」です!
d0214907_16272860.jpg

私は現在、この妙傳寺の執事をしておりますので、

このブログでも今後、詳しく取り上げていきたいと思います(^_^)v

本山 妙傳寺のHP(ホームページ)はコチラ→本山妙傳寺

          日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2011-04-19 17:07 | 京都日蓮宗行事

法華経の不思議な力

本日4月18日、勝光寺さまで部経会(ぶきょうえ)がありました!

毎年、勝光寺さまではこの時期に、二日間にわたって部経会がおこなわれます034.gif

法華経は全部で28章からなり、お経本にすると八巻になります。

それを一部八巻といい、略して部経と呼ばれています。

この法華経を一日で拝読いたします( -人-)

午前9時から始まった部経会、ゆっくりと一々文々(いちいちもんもん)で拝読していきました。

お昼に食事休憩をとり、引き続き法華経を拝読します・・・。

拝読し終わったのは、午後5時30分頃でした001.gif
d0214907_1948495.jpg

法華経は、昔から不思議と力がみなぎってくる、お経だと言われています!

諸経の王様とも言われ、仏さまが説かれた一番尊いお経が法華経であります。

一日かけて拝読しましたが、体も疲れることなく、心が平安に満たされました(^_^)v

法華経のありがたさと、経力(きょうりき)を感じた部経会でした!

          日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2011-04-18 20:08 | 京日青行事

三色の桜!

桜前線は東北まで北上したでしょうか?

被災地の皆様が、桜を見られて少しでも心が安まればと思います。

さて京都では、見頃だった桜もついに、舞い始めました029.gif

今日紹介したいのは、一本の木で三色の花を咲かす桜です053.gif

同じ山科の川沿いに咲いているのですが、まぁ見事というか、不思議というか・・・。

是非ご覧下さい!
d0214907_14473959.jpg

ピンクの花が咲いているんです( ̄□ ̄;)!!

一本の木から三色も出すとは、不思議!

横から見ても、
d0214907_14474281.jpg

素晴らしい!

すっかり見とれてしまいました♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
追記

檀家さんにこの話をしたら、あれは「桃」です!
とおっしゃってました(ノ ゚Д゚)ノ
桜と桃・・・
見分けがつかないものですね!

          日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2011-04-16 14:52 | 日記

蓮(ハス)の植え換え!

4月15日、時期が遅れましたが、「蓮の植え換え」をしました♪

蓮は毎年、土(泥)を変えて、蓮根(れんこん)をほどいてあげないと、

綺麗な蓮華が咲いてくれません( ゚Д゚)アライヤダ!!

と、いうことで朝からせっせと動きました071.gif

今回、蓮(はす)用に、立派な鉢を使用します!
d0214907_10494692.jpg

片岡亨さまからの、ご寄進です♪

じつは二年前に頂いたのですが、今年天縁熟しお披露目です049.gif

本堂前に合計3鉢設置完了!
d0214907_10474675.jpg

さて、お次は睡蓮(すいれん)です!

睡蓮は、水面に小さな華を咲かします。蓮華にダイナミックさに負けますが、

可憐さでは睡蓮が勝っていますね。
d0214907_10473594.jpg

睡蓮は庭に設置しました。
d0214907_10474352.jpg

d0214907_10474953.jpg

これで、作業はすべて終了(^_^)vキレイな華を咲かしてくれることを期待します!

しかし・・・。

植え換え中に思ったのですが・・・

泥が強烈な臭さでしたヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!

そんな汚れた中からも、清浄な華を咲かす蓮華にリスペクト( -人-)

日蓮宗が依りどころとするお経は「法華経」。正式名称は「妙法蓮華経」です。

蓮華のように、汚れた世の中でもキレイな菩提心(ぼだいしん)を咲かしていきたいですね♪

と感慨ふけっていたら、口に泥が入りました( ̄□ ̄;)!!

ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!

まだまだ修行が足りません・・・。

          日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2011-04-15 11:02 | 日記

人はひとりぼっちなのか?

人はひとりぼっちなのでしょうか?
私たちは生まれてきた時、最初に母親に抱かれます。
そして人生を生きていくなか、私たちは色々な人達に支えられ生きていきます。
それは、支えがなくては生きていけないからです。
そしてそれは、人だけに支えられているのではありません。
この世の、生けとし生けるもの全てのものに支えられています。
そのことを私たちは、普段なかなか気づけません。

そんな時、あの東日本大震災は、私たちから多くの命と共に、
多くの物を奪い去りました。
全てを失ってしまった私たちに残ったものは「絆」であると言われています。
d0214907_12381983.jpg
絆とは「縁」
縁とはほとけさまが説かれた教えです。
私たちは色々な関係性の中で生かされています。
生きているのではなく、生かされているのです。

日本中の人、いや世界中の人が、被災地の皆様のために
何かをしたい!
何かをしなければと考えています。
そしてそれは、行動となり
やがて大きな支援の輪となっていきます。
支援の輪は、人の和でもあります。

私たちはひとりではない。ひとりぼっちではありません。
私たちは皆様と共にある。
苦しみや絶望、悩みや悲しみ
それらすべてを一緒に分かちあえます。
せめて夢の中だけでも、私に苦しみや悲しみを与えて下さい。

でも私たちは、とてつもない寂しさに襲われる時があります。
人間の心は弱いものであります。
そんな私たちに対し、いつもいつも側にいてくれる方がおられます。
それは、仏さまです。
仏さまはいつも私たちと一緒です。
法華経というお経に、仏さまはこう言われています。

私は不安をいだく人の不安を取り除き、安らぎを得ていない人には永遠の安らぎを得さします。
(未安者令安 未涅槃者令得涅槃 『薬草喩品第五』)

私はいつも皆様の事を思っています。どうしたら早く無上の仏となれるかを。
(毎自作是念 以何令衆生 得入無上道 速成就仏身 『如来寿量品第十六』)

この世は多くの苦しみや難がありますが、ただ私一人があなたを救います。
(而今此処 多諸患難 唯我一人 能為救護 『譬諭品第三』)


悲しみや、寂しさに襲われたら、
手を合わし、一緒に祈りましょう。
そこには、ほとけさまがおられます。
ほとけさまが、私たちの一番近くにおれます。

私たちはひとりではありません。
                            山科護国寺 上田尚史 拝

          日蓮宗 了光山護国寺 ~山科檀林旧跡~
[PR]
by yamasina-gokokuji | 2011-04-13 12:45 | コラム

護国寺の行事案内・日蓮宗の動向・日々の活動を綴ってます!


by 山科 護国寺

プロフィールを見る
画像一覧

護国寺HP

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

カテゴリ

全体
護国寺行事
日蓮宗行事
京都日蓮宗行事
京日青行事
コラム
日記
自己紹介
未分類

記事ランキング

外部リンク

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ

(75)
(42)
(40)
(29)
(25)
(23)
(19)
(18)
(16)
(16)
(13)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)

ファン

その他のジャンル

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧